ヘルプトップ > 見える化(計測データ:CSV形式) > エコサスで表現できるグラフの形式にはどのようなものがありますか

エコサスで表現できるグラフの形式にはどのようなものがありますか

エコサスでは、2015年5月現在、7種類のグラフ形式を準備しています。

棒グラフ

棒グラフ.jpg

標準的なグラフです。計測ポイントや計測グループなどをグラフ化したい場合に利用します。

 

積み上げ棒グラフ

積み上げ棒グラフ.jpg

例えば、空調や照明、コンセントなど、エネルギーの使用用途別にグラフ化したい場合などに利用します。

 

横並び棒グラフ

横並びグラフ.jpg

例えば、電灯回路の1から5までを比較したい場合や、同じ計測ポイントを日付を変えて比較したい場合などに利用します。

 

円グラフ 

円グラフ2.jpg

 例えば、空調や照明、コンセントなど、エネルギーの使用用途別にグラフ化したい場合などに利用します。

 

折れ線グラフ

折れ線グラフ.jpg

例えば、温度や湿度をグラフ化したい場合などに利用します。

 

複数折れ線グラフ

複数折れ線2.jpg

例えば、フロアごとに計測している複数の温度を、グラフ化したい場合などに利用します。

 

棒・折れ線グラフ(2軸)

棒・折れ線グラフ.jpg

例えば、外気温度と、空調電力の関係を見るなど、空調関連のデータを分析したい場合などに利用します。

このページの先頭へ移動します