ヘルプトップ > 見える化(計測データ:CSV形式) > 使用用途別のグラフが一色になります。どうしたら積み上げ棒グラフになりますか

使用用途別のグラフが一色になります。どうしたら積み上げ棒グラフになりますか

使用用途別グラフを利用するには、グラフ設定に利用する計測ポイントのプロパティに設定が必要です。

計測ポイントのポイントプロパティ設定

計測データ設定一覧画面の「計測ポイント一覧」ボタンをクリックします。

 

施設内の計測ポイントの一覧が表示されるので、変更したい計測ポイントの名称のテキストリンクをクリックしてください。計測ポイントの詳細確認画面に移動します。

 

計測ポイントの詳細確認画面の下方にある「編集」ボタンから、編集が可能です。

 

計測ポイント編集画面

point_edit.jpg

ここで、ポイントプロパティを、各使用用途(電灯、空調、コンセントなど)を選択してください。選択後、変更を完了してください。

 

 

グラフ表示設定

グラフ表示設定画面で、「新規グラフを追加する」ボタンをクリックして、新規グラフ作成の手順に進みます。(グラフ名称の入力など)

 

グラフの種別、形式を選択する画面で、

 

用途分類 → 使用用途別

用途詳細 → 日付単位でエネルギー使用用途の内訳を見る

 

を選択。あとはグラフ化したい、先に計測ポイントのプロパティを設定しておいた計測ポイントを選択し、手順に従いグラフ設定を完了する。

 

グラフ設定一覧画面に戻り、「グラフ化」ボタンからグラフ化。

 

※使用用途別グラフでの注意

例えば、電灯回路2回路、空調回路1回路を使用用途別グラフの計測ポイントとして選択した場合、グラフ化すると、3色ではなく2色の積み上げ棒グラフとして表現されます。この場合、電灯回路2回路は合算されますので、ご注意ください。

このページの先頭へ移動します