ヘルプトップ > その他 > 電気需要平準化対応はどうしているか

電気需要平準化対応はどうしているか

今回の改正では、電気の需要平準化を推進する必要のある時間帯として、夏期(7月1日~9月30日)と
冬期(12月1日~3月31日)の8時~22時が、「電気需要平準化時間帯」と定められました。
「電気需要平準化時間帯」の電気使用量削減を評価する指標「電気需要平準化評価原単位」も新たに策
定され、需要の平準化が促されております。
そこでエコサスでも、「電気需要平準化時間帯」に配慮して以下のように対応させていただきました。
<エコサス内の変更点まとめ>

1.総量管理画面
「電気需要平準化込」のチェックボックスを追加

電気需要平準化時間帯の電気使用量を1.3倍した値で表示  

20140516_電気平準化1.jpg

 
2.選択した施設の比較

オプションに「電気需要平準化時間帯を用いる」のチェックボックスを追加、電気需要平準化時間帯の7月~9月、12月~3月の昼間買電部分の数値を1.3倍で表示


 

20140520_電気平準化対応2.jpg

 

 

3.ホーム画面(実績値)
「電気需要平準化込」のチェックボックスを追加
電気需要平準化時間帯の7月~9月、12月~3月の昼間買電部分の数値を1.3倍でグラフ・実績値表示 

 

20140520_電気平準化対応3.jpg

 

 

 

4.ホーム画面(原単位)
「電気需要平準化込」のチェックボックスを追加 
電気需要平準化時間帯の7月~9月、12月~3月の昼間買電部分の数値を1.3倍でグラフ・実績値表示  

 

 

20140520_電気平準化対応4.jpg

 

 

 

 

 

5.選択施設を集計
オプションに「電気需要平準化時間帯を用いる」のチェックボックスを追加
電気需要平準化時間帯の7月~9月、12月~3月の昼間買電部分の数値を1.3倍にして表示する。

 

20140520_電気平準化対応5.jpg

 

6.「見える化」グラフ←計測データの「見える化」サービスをご利用のお客様
「α」ボタンを追加し、電気需要平準化時間帯を用いたグラフを表示

 

「α」ボタンを押して夏期(7月1日~9月30日)と冬期(12月1日~3月31日)8時~22時の電気使用量を1.3倍した値で表示

 

 

20140704-1.jpg

 

 

 ↓

 

 

20140704-2.jpg

 

 

 

 

このページの先頭へ移動します