ヘルプトップ > 集計表 > 集計表を作成するには

集計表を作成するには

施設を選択して、年度ごとのエネルギー総量集計表を作成することができます。
エクセル形式なので、修正してレポートを作成することも可能です。

エネルギー管理トップページにある操作パネルの【集計表作成】をクリックすると、集計表作成画面になります。 

 

20140515_選択施設を集計.jpg

 

 

 

 

 

集計表作成画面

20170406_集計表.jpg

 

 

 年度を設定して各施設ごと、全施設のエネルギー使用量を集計し、エクセル表に出力します。
【全てをチェック】を選択と、現在登録されている施設のすべてが選択されます。
必要な施設だけ作成する場合は、【選択した施設を出力】を選択します。
前画面のエネルギー総量管理画面の登録施設一覧で、あらかじめ選択欄のチェックボックスを選択しておくことで、選択した施設だけの集計表を作成することも可能です。
年度を選んで【Excel出力】をクリックするとエクセル表を作成できます。

上下水道を集計に含めることもできます。

フリー入力項目を集計に含めることもできます。

 

※施設の選択が100件を超えた場合の仕様を変更しました。⇒2017/04/06

以前は「「対象施設」は100施設以内で選択して下さい。」というエラーメッセージが表示され、出力不可でしたが、「選択施設が100を超えているため、施設ごとのシートは作成されません。出力しますか?」という確認画面が表示され、OKボタンのクリックで「選択施設合計」のシートのみ出力可能になりました。

 

(但しExcel出力はMicrosoft Office 2007以上が必要となります。)

 

 エクセル画面

20140515_集計表2.jpg

 

エクセル表では、各施設ごとのシートに分かれて出力され、1枚目には全施設の総量が集計された表が作成されます。(選択施設が100以内)

施設を選択した場合は、選択した施設の合計もシートに作成されます。

このページの先頭へ移動します